美容

白く美しい肌の為の化粧品

成分の特長

笑顔の女性

美白美容液は厚生労働省より承認され、1990年代には多くの成分が出始めるようになりました。3つの効果を持つ有効成分を含む美容液です。1つ目の成分は日中の日差しによるメラニンの生成を抑え、シミやソバカスなどの色素沈着を薄くしていく効果がある成分です。ハイドロキノン、ビタミンC誘導体等があります。2つ目の成分はメラニンができる過程を阻害するものです。アルブチン、トラネキサム酸などの成分があります。3つ目の成分は肌のターンオーバーを促す成分です。アラントイン等の成分があります。この他に保湿成分であるヒアルロン酸やプラセンタ、セラミド等が含まれており、成分の刺激を緩和し、美白成分をより肌に浸透しやすくさせています。これらの成分の働きにより肌を白く透明感のあるものにしていくものが、美白美容液といわれているものです。

選び方や使い方

美白美容液を選ぶときに迷ってしまう時には外箱裏側やボトル等の記載事項をよく見て【医薬部外品】という記載のあるものを選ぶと良いです。化粧品は薬事法により医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分けることができ、それぞれ効果や効能の範囲が決められています。医薬部外品は薬事法第2条第2項1〜3により定められており、一定の濃度で有効成分を含み「防止・衛生」を目的としたもので化粧品と医薬品の中間的存在とされています。【医薬品より効果が緩和ですが、何かしら症状の改善効果はあります】という意味を持っています。また、美白成分は刺激の強いものが多くあるため使用前にはパッチテストをして肌への刺激を確認してから使用すると安心です。美白美容液の使い方は、成分を肌に届けるため化粧水の後につけます。化粧品によっては化粧水の前につけることもありますので確認してからつけると良いです。また、肌は1回で受け止めきれる量が少ないため1度に多くつけてもあまり意味がありません。1回目は化粧水が乾ききる前に全体塗り、2回目は少し落ち着いて乾いてきたら表面に蓋をするように全体に塗ります。気になるところには重ねてつけると効果が上がります。

美肌を手に入れるためには

美容

女性なら誰でも憧れる美肌には、美白ケアが必要不可欠です。シミやそばかす、ニキビ跡に効果のある美白美容液には、肌の悩みに合わせたさまざまな種類のものが販売されています。作用が強い美白成分のものは、刺激が強く肌荒れを起こしやすいというデメリットもあるので、使用には注意が必要です。

詳細を確認する...

シミのない肌のために

鏡を見る女性

シミのない肌のためには、肌に合うものでしっかりケアをすることが必要です。美白美容液のなかには肌への刺激が強い成分が配合されているものもありますし、肌の相性は大切です。肌と相性が良いものの中から選ぶようにしましょう。

詳細を確認する...

正しく美白

女性

自分の肌質や悩みに合った美容液を使って、美肌力を高めましょう。保湿成分入りであることはもちろん、この季節は美白成分の入った美容液もおすすめです。どんな美容液を使う場合でも、注意して欲しいのは塗り方です。顔全体にのばして終わりではなく、きちんと毛穴に入れ込むことを意識し、細かい部分まで塗るよう心がけます。

詳細を確認する...